黒竜江省

ハルビン旅行|おすすめ観光地6選。注意点・行き方・地下鉄・ツアー

ハルビン旅行|おすすめ観光地

当記事はアフターコロナに対応したハルビンの観光情報となっています。

中国のおすすめ観光都市の一つハルビン(哈爾浜)

世界三大氷祭りの1つ「ハルビン氷祭り」。精巧で美しくライトアップされた氷彫や雪彫を一目見ようと国内外から多くの観光客が訪れます。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者がハルビンの観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

ハルビンはどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

ハルビンのおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

ハルビンのみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

ハルビン(哈爾浜)とは?どんな場所?

ハルビン松花江
ハルビンは中国東北三省の一つ「黒龍江省」の省都です。

19世紀後半にシベリア鉄道が敷かれ発展し、当時のヨーロッパ風の建物が今も残ります。異国情緒あふれる美しい町並みは「東方のモスクワ」と称されています。

見どころは何といっても「ハルビン氷祭り」。

世界三大氷祭りの1つとなっているハルビン氷祭りは毎年12月~2月頃開催されます。

氷でできた数々の彫刻のライトアップ、氷彫や雪彫コンテストなどのイベントが行われます。街も色とりどりの氷灯が光り、中国各地からの観光客で大いに賑わいます。

ハルビンの街に流れる「松花江」(しょうかこう)は川幅約1キロの大河。冬には氷が張り、市民がスケートをする姿を見ることができます。

東北料理は、野菜やキノコを使った煮込み系の料理が中心。食べると体が温まると言われる羊肉も多く使われます。

街中にはロシア料理屋もたくさん!本場さながらのロシア料理も旅の楽しみの一つです♪
案内人の金さん

 

ハルビン(哈爾浜)のおすすめ観光地・見どころスポット

1.氷雪大世界

氷雪大世界

氷雪大世界は、松花江の中州の島(太陽島)に位置する公園。

「氷まつり」の会場となる三大会場のひとつで、最大の大きさを誇ります。

氷で作られた彫刻や建造物は、昼は太陽に輝き、夜はライトアップされ、美しい氷の世界に引き込まれます。

期間中は氷の迷路、バイク、ソリ遊びなどのアトラクションも楽しめます♪
案内人の金さん

🏛氷雪大世界
住所 哈爾浜市松北区松北大道哈爾浜氷雪大世界
🚇2号線「氷雪大世界」駅 4出口 1100ⅿ
入場料 -
営業時間 -

 

2.太陽島公園

太陽島公園

太陽島公園は、松花江の中州の島(太陽島)に位置する公園。

氷雪大世界からは車で20分ほどの場所。

「ハルビン氷まつり」の会場の一つで、「中国哈爾濱国際雪彫芸術博覧会」が催されます。

札幌の雪祭りのような雪像を中心とした展示が並びます。

🏛太陽島公園
住所 哈爾浜市松北区太陽大道3号
入場料 -
営業時間 -

 

3.兆麟公園

兆麟公園

兆麟公園は、松花江の南側、中央大街の近くに位置する公園。

「ハルビン氷まつり」の会場の一つで、「兆麟公園氷灯芸術遊園会」が催され、氷彫刻を中心に展示されいます。

ハルビン一の繁華街の中央大街から近いので、時間がない旅行客は兆麟公園のみを見学するのもおすすめです。

公園の名前は抗日戦争で活躍した李兆麟に由来しており、銅像もあります。

🏛兆麟公園
住所 哈爾浜市道里区友誼路74号
入場料 -
営業時間 -

 

4.中央大街

中央大街

中央大街は、ハルビン市道裏区にある歩行者天国。ロシア語で「キタイスカヤ」といいます。

ロシア統治時代の1900年代初頭に建設され、今も残る欧州風建築物に異国情緒を感じることができます。

北は「松花江防水防記念塔」から、南は「新陽広場」まで全長約450mの石畳の目抜き通りで、レストランやショップなどが並びます。

夜はライトアップされ、幻想的!観光、食事、買い物が楽しめるハルビン旅行必見の場所です♪
案内人の金さん
🏛中央大街
住所 哈爾浜市道里区経緯街与西十五道
🚇2号線「中央大街」駅 2番口430ⅿ
入場料 無料
営業時間 年中無休
※店舗ごとの営業時間

 

5.聖ソフィア大聖堂

聖ソフィア大聖堂

聖ソフィア大聖堂は中央大街の南東に位置する教会。中国語では「聖・索非亜大教堂」。

1907年、帝政ロシアの兵士の軍用教会として創建されました。

高さは53.35m、建築面積721平米で、ビザンチン様式の建築の一つ。最上階の鐘楼には音の異なる7つの鐘があり、窓ガラスにはステンドグラスは使われていないのが特徴。

現在は教会としては使用されず、「ハルビン建築芸術館」として公開されています。

🏛聖ソフィア大聖堂
住所 哈爾浜市道里区透籠街88号
🚇2号線「尚志大街」駅 1番口750ⅿ
入場料 -
営業時間 08:30-17:00

 

6.スターリン公園(市斯大林公園)

スターリン公園

スターリン公園はハルビン市の「松花江」南岸沿いに作られた公園。

中国語名は「市斯大林公園」。

公園の中心には、松花江の大洪水を忘れないように「洪水防止記念塔」が建てられています。記念塔には洪水時の水位が記され、当時の洪水の大きさが分かります。

公園からは松花江の北岸を眺めることができます。

🏛スターリン公園
住所 哈爾浜市道里区近郊斯大林街3号
🚇2号線「人民広場」駅 1番口1400ⅿ
入場料 無料
営業時間 年中無休

 

7.黒龍江省博物館

黒竜江省博物館

黒竜江省博物館は紅軍街に位置します。

元々はロシア式のデパートだった建物を改築し、1962年にオープンしました。

チチハルで発見された毛犀の化石や、松花江マンモス象の化石など、氷河期に生息した動物の化石展示が充実しています。

🏛黒竜江省博物館
住所 哈爾浜市南崗区紅軍街50号
🚇2号線「博物館」駅 5番口310ⅿ
入場料 無料
営業時間 09:00-16:30
※毎週月曜定休

 

ハルビン(哈爾浜)への行き方・アクセス

日本(成田)からハルビンへは飛行機の直行便で約4時間です。

2022年現在、コロナのため飛行機の数は規制されています。

 

ハルビン(哈爾浜)での移動・交通手段

ハルビンの地下鉄
個人旅行の場合、ハルビンでの移動はタクシーと地下鉄がメインとなります。

ハルビン(哈爾浜)のタクシー

現在は配車アプリが主流となり、旅行客が流しのタクシーを捕まえるのは難しくなってきました。

できるだけ地下鉄で回れる観光プランか、日本語ガイドを付けるのがおすすめです。

 

ハルビン(哈爾浜)の地下鉄・路線図

2022年現在、ハルビンには3路線の地下鉄が開通しています。

路線図は以下からダウンロードしましょう。

ハルビン(哈爾浜)旅行の準備

ハルビン(哈爾浜)の天気・気候・ベストシーズン

ハルビンの年間気温

© WeatherSpark.com より引用

ハルビン市では、夏は長く、暖かく、冬は短く、極寒で、降雪が多く、年間を通じて曇りがちです。

暖かい季節は、5月上旬から 9月下旬まで 約4か月続き、1 日平均の最高気温は 19°C を超えます。最も暑い月は 7月で、平均最高気温は 27°C、最低気温は 19°C です。

寒い季節は、11月下旬から 2月下旬まで約3か月続き、1 日当たりの平均最高気温は -5°C 未満です。最も寒い月は 1月で、平均最低気温は -23°C、最高気温は -13°C です。

ハルビン旅行のベストシーズンは氷祭りが開催されている12月から翌年1月です♪
案内人の金さん

※氷祭りは降雪量により毎年開催時期が異なります。

ハルビン(哈爾浜)旅行の持ち物

快適なハルビン旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

ハルビン(哈爾浜)旅行の注意点

ハルビンの治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

ハルビン旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

 

ハルビン(哈爾浜)の口コミ・レビュー

Twitter上でのハルビン(哈爾浜)旅行の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー


Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

ハルビン(哈爾浜)のおすすめツアー

作成中

 

ハルビン(哈爾浜)おすすめ観光地のまとめ

ハルビン氷祭り

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

ハルビンおすすめ観光地のまとめ

世界三大氷祭りのひとつ「ハルビン氷祭り」は精巧で美しい氷彫や雪彫を見ようと多くの観光客が訪れます。

ヨーロッパ風の建物が多く残るため「東方のモスクワ」と称されます。中央大街を中心に観光しましょう。

ハルビンは中国旅行初心者には個人旅行は不向き。日本語ガイドを雇うか、団体ツアーに参加しましょう。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-黒竜江省