昆明

昆明旅行|おすすめ観光地7選。注意点・行き方・地下鉄・ツアー

昆明旅行|おすすめ観光地

当記事はアフターコロナに対応した昆明の観光情報となっています。

中国のおすすめ観光都市の一つ昆明(クンミン)。

1年を通して温暖な気候で「春城」と呼ばれ、世界遺産の石林など自然豊かな景勝地が魅力的です。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者が昆明の観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

昆明はどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

昆明のおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

昆明のみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

昆明について

昆明の町並み

昆明は雲南省の省都で、中国西南・雲貴高原中部に位置する、風光明媚な高原都市。

市の中心部の海抜は1891m。一年を通して比較的温暖な気候に恵まれるため「春城」と称されます。

昆明の見どころと言えばやはり東郊外の石林。石柱が林のようにそそり立つ絶景は必見です。

その他、西山公園や雲南省に暮らす少数民族をテーマにした雲南民族村なども見逃せません。

また大理麗江シーサンパンナなど雲南各地の観光地へ向かう起点となる街なので、一年を通し 多く観光客が訪れます。

 

昆明旅行の準備

昆明の天気・気候・ベストシーズン

昆明の年間気温

© WeatherSpark.com より引用

雨季は快適で、ほぼ曇り、乾季は涼しく、風が強いですが晴れることがほとんど。

1 年を通して温暖で28°Cを超えることは滅多にありません。

昆明旅行のベストシーズンは11月~翌年4月です♪
案内人の金さん

昆明旅行の持ち物

快適な昆明旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

昆明旅行の注意点

昆明の治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

昆明旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

 

昆明への行き方・アクセス


日本(成田)から昆明へは飛行機の直行便で約5時間半です。

2022年現在、コロナのため飛行機の数は規制されています。

 

昆明での移動

個人旅行の場合、昆明での移動はタクシーと地下鉄がメインとなります。

昆明のタクシー

現在は配車アプリが主流となり、旅行客が流しのタクシーを捕まえるのは難しくなってきました。

できるだけ地下鉄で回れる観光プランか、日本語ガイドを付けるのがおすすめです。

 

昆明の地下鉄・路線図

昆明地下鉄

2022年現在、昆明には5路線の地下鉄が開通しています。

路線図は以下からダウンロードしましょう。

昆明地下鉄

本地宝(昆明)から引用

昆明のおすすめ観光地

1.円通寺

円通寺

円通寺は昆明市内の円通街にある仏教寺院。

唐代から続く1200年の歴史をもつ昆明で最も古い仏教寺院。

山門から坂を下りきった場所に円通宝殿があり、最も低い場所に主殿があるという面白い構造になっています。

円通寺の裏には円通山がそびえ、山頂には昆明動物園があり1000頭以上の動物が飼育されています。また昆明の街を一望でき、春には桜の名所となり多く地元民が訪れます。

🏛円通寺
住所 昆明市五華区華山街道円通街30号
🚇2号線:「穿心鼓楼」駅A口1.1キロ
入場料 6元
営業時間 08:00~17:00

 

2.官渡古鎮

官渡古鎮

官渡古鎮は昆明市東南部の郊外に位置する古い町並み。

古くから昆明城へ向かう官吏の渡船場として栄えたため、「官渡」と言う名前がついたと言われます。

唐・宋・元・ 明・清の時代に建てられた寺院、廟、楼閣などが残っており、「官渡八景」、「官渡六寺」、「官渡七閣」と呼ばれる見どころがいくつもあります。

雑貨屋やカフェ、シャオチー(中華軽食)のお店が並び、買い物や食事を楽しめます。眼鏡粑粑と呼ばれるナシ族のパンが名物料理です。

夜の官渡古鎮が人気で、ライトアップされた幻想的な街並みを楽しめます♪
案内人の金さん
🏛官渡古鎮
住所 昆明市官渡区広福路×雲秀路(交差点付近)
入場料 無料
営業時間 年中無休
関連リンク 官渡古鎮公式ページ

 

3.滇池

滇池(昆明湖)

滇池(テンチ)は昆明の西南部に位置する雲南省最大の湖。別名「昆明湖」。

中国で6番目に大きい淡水湖で、周囲を東の金馬山、西の西山(旧称碧鶏山)、北の蛇山、南の白鶴山などの山に囲まれています。

湖のほとりには雲南民族村や大観公園などの観光スポットがあり、民族村から西山へはロープウェイがかかっており、滇池を眼下に眺めながらの空中散歩を楽しめます。

西山から見下ろす滇池は絶景です。民族村~滇池~西山の観光ルートがおすすめ♪
案内人の金さん
🏞滇池
住所 昆明市西山区滇池路1318号
入場料 無料
営業時間 年中無休
関連リンク 滇池公式ページ

 

4.雲南民族村

雲南民族村

雲南民族村は滇池の北岸に位置し、中国の少数民族の文化や生活などが再現されたテーマパーク。

敷地はかなり広く、傣族、白族、回族をはじめ25の少数民族の村が再現されています。

ショップやレストランがあり少数民族の工芸品や名物料理を楽しむことができ、時間帯によっては各民族の音楽やダンスのショーが開催されます。

滇池の対岸にある西山へのロープウェイも雲南民族村から乗れます。

🏞雲南民族村
住所 昆明市西山区滇池路1310号
入場料 大人 90元
学生 45元
演劇ショーは別料金
営業時間 昼 09:00~17:00(入場16:00迄)
夜 17:00~22:00(入場21:00迄)
関連リンク 雲南民族村公式ページ

 

5.西山森林公園

西山森林公園

西山森林公園は、雲南省昆明市の西に位置する森林公園。

滇池の沿うように華亭山・太華山・羅漢山などの山々が南北に連なっています。

山内には古刹、寺社が数多くあり、華亭寺や太華寺が有名。西山の断崖を掘削して、72年間かけて造られた雲南省最大の仏教像群「龍門石窟」が最大の見どころ。

山頂まではリフトを利用して登れます。断崖絶壁からほぼ真下に見下ろす滇池は絶景の一言です。

リフトはかなり高所になるところもあり、足がすくむほどです…
案内人の金さん
⛰西山森林公園
住所 昆明市西山区碧鶏街道西山公路
入場料 15元
※6才以下か120㎝以下子供は無料
※ロープウェイ25元(片道)
営業時間 08:30-17:00
関連リンク 西山森林公園公式ページ

 

6.石林風景区

石林

昆明旅行ではずせないのが、文字通り奇石が林のようにならぶが石林(セキリン)。

昆明市中心から南東約120キロの石林イ族自治県にあり、貴州省茘波、重慶市武隆とあわせて2007年に「中国南方カルスト地」として世界遺産に登録されています。

2億7000万年前、石林のあるこの一帯は海底でしたが、地殻変動によって陸地となり、雨や地下水の浸食作用で現在の姿になったと言われます。

メインとなるのが大石林。石林の中心にあるエリアで、全長7キロの遊歩道が設置されています。大石林の東側には小石林があり、サニ族の悲恋伝説で有名な石峰があります。

大石林の外側にあるのが外石林エリアには獅子山があり、頂上から大石林と小石林を望める絶景ポイント。

⛰石林風景区
住所 昆明市石林彝(イ)族自治県石林風景名勝区
入場料 130元
営業時間 07:30-17:30

 

7.東川紅土地

東川紅土地

東川紅土地は昆明市から北に約140キロ。標高2000mの場所にあります。

このあたり一帯は、鉄とアルミニウムが豊富に含まれているため赤色の土になり、緑の草地・赤い土・青い空のコントラストが見事で息を呑む美しさ。

とくに少数民族が長い年月をかけて作った棚田には、赤土の土壌に、さまざまな季節の野菜や穀物を植えるため、春先や秋には色とりどりの絵画のような光景を見ることができます。

その美しさは「神々のパレット」と呼ばれています。

紅土地の撮影シーズンは5月~6月9月~12月です♪
案内人の金さん
⛰東川紅土地
住所 昆明市東川区新田郷
入場料 -
営業時間 -
関連リンク 東川紅土地

 

昆明の口コミ・レビュー

Twitter上での昆明旅行の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー


Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

昆明のおすすめツアー

作成中

 

昆明おすすめ観光地のまとめ

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

青島おすすめ観光地のまとめ

昆明は1年間を通して過ごしやすい天候で「春城」と称される高原都市。

見どころは滇池・雲南民族村・西山など。特に世界遺産の石林は必見。

個人旅行で回るのは中級者向け。中国初心者はツアーがおすすめ。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-昆明