山東省

曲阜旅行|おすすめ観光スポット5選・見どころ・注意点・行き方・ツアー

曲阜おすすめ観光スポット

当記事はアフターコロナに対応した曲阜の観光情報となっています。

中国のおすすめ観光都市の一つ曲阜(きょくふ)。

儒教の生みの親「孔子」の生まれ故郷として、孔子廟をはじめとした世界遺産「三孔」が見どころの歴史都市です。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者が、曲阜の観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

曲阜はどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

曲阜のおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

曲阜のみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

曲阜とは?どんな場所?

三孔

曲阜(きょくふ)は、中国山東省にある古都で、中国の儒教の発祥地の一つとして知られています。

周代の初期に周公旦の子である伯禽がこの地に封じられたことから始まり、魯国の国都として春秋から戦国時代にかけては伝統文化の中心地でした。

春秋時代には、儒教の生みの親である孔子が誕生し、孔子が私塾を建てて講じたのもこの地であったとされています。

孔子とその末裔を祀った孔廟、邸宅である孔府、墓地である孔林を合わせて「三孔」と呼ばれる巨大な建築群が最大の見どころとなります。

「曲阜の孔廟、孔府、孔林」として、1994年以降、世界遺産に登録されています。

曲阜料理は、歴代帝王が孔子のための祭典にささげるための料理から発展したため、非常な精巧さで名高いことでも有名です。

 

曲阜のおすすめ観光地・見どころスポット

1.孔廟

孔子廟

孔廟は、「三孔」のなかでも、最大の見どころ。

アジアにはかつて2千以上の孔子廟があったと言われますが、その中で最も古く、荘厳な雰囲気を持っています。

百以上の建築物に460以上の部屋が現存しており、正殿である大正殿には孔子の神像が祀られています。

歴代(紀元前149-1949年)の碑文を記した石板などが1044個現存しており、封建社会の政治、経済、文化、芸術を研究する上で貴重な史料とされています。

漢の画像石、明・清の雕鐫石柱、明の刻聖跡図など石で作られた芸術品も多数残されています。

毎年9月28日には孔子の誕生日を祝う祭典が行われ、多くの人々が訪れます。

🏛️孔廟
住所 済寧市曲阜市半壁街(近神道路)
電話 0537-4712172
営業時間 08:30-16:30

 

2.孔府

孔府

孔府は、孔廟の東側に位置する、孔子の直系が暮らしていた住宅。

封建社会の貴族型荘園の典型で、広大な敷地内には480以上の建築物を有し、明、清の皇帝宮殿に次ぐ規模といわれます。

🏛️孔府
住所 済寧市曲阜市鼓楼西街(近阙里街)
電話 0537-4712172
営業時間 08:30-16:30

 

3.孔林

孔林

孔林は、「至聖林」とも呼ばれ、孔子とその後裔が眠る墓地。

2500年以上にわたり護られてきた孔子一族の墓は10万以上。

面積は約2㎢、墓道は約1.3kmもあり、ひとつの家系が葬られた墓地としては最古、最大の規模です。

周囲は高い木々で覆われており、自然豊かな環境です。

🏛️孔林
住所 済寧市曲阜市鼓楼北街18号
電話 0537-4712172
営業時間 08:30-16:30

 

4.顔廟

顔廟

顔廟は、孔子の一番弟子の顔回を祀った廟。

顔回は非常に質素な生活を送ったと言われ、孔子もその清貧さをたたえたほど。

狭い路地に暮らしていた顔回の使用していた井戸「陋巷井戸」や、孔子が顔回の暮らしぶりをほめた言葉からつけられた「楽亭」や、顔回の塑像が祀られている「復聖殿」などがあります。

🏛️顔廟
住所 済寧市曲阜市陋巷街北首
電話 0537-4712069
営業時間 08:30-16:40

 

5.尼山聖境区

尼山

尼山は、孔子の出身地で、南辛鎮に位置しています。

尼山聖境区として、孔子を祀る巨大な公園となっています。

孔子出生の地とされる夫子洞や、中峰の東麓には孔子廟や尼山書院などの建築物があります。

「尼山八景」として知られる五老峰、魯源林、智源渓、観川亭、白雲洞などもあり、静かで美しい景観が広がっています。

巨大な孔子像がたっていて、写真映えすると話題で、三孔と劣らぬ人気がでています♪
案内人の金さん
🏛️尼山聖境区
住所 済寧市曲阜市尼山镇圣像路9号
電話 400-688-2323
営業時間 09:30-20:00

 

曲阜への行き方・アクセス

曲阜は日本(成田)からの直行便はありません。

青島から高速鉄道にのり、約2.5時間でいくことができます。

中国の列車予約におすすめ

日本から中国の列車の予約ができる便利なサイト「トリップドットコム」。

中国最大手の旅行会社が運営しているので安心して利用できます。

上海北京からツアーが出ているのでそちらを利用するのもおすすめ。

\現地オプショナルツアーならベルトラ/

【上海発・1泊2日ツアー】聖地・泰山と孔子のふるさと曲阜を訪れる!山東省周遊ツアー<日本語ガイド/4つ星ホテル/新幹線利用/食事付>*1名様より出発可

孔子のゆかりの地である曲阜と中国五岳の一つとされる泰山を訪れます♪ 

\現地オプショナルツアーならベルトラ/

【北京発・1泊2日ツアー】聖地・泰山と孔子のふるさと曲阜を訪れる!山東省周遊ツアー<日本語ガイド/4つ星ホテル/新幹線利用/食事付>*1名様より出発可

孔子のゆかりの地である曲阜と中国五岳の一つとされる泰山を訪れます♪ 

 

曲阜での移動・交通手段

個人旅行の場合、曲阜での移動はタクシーがメインとなります。

曲埠のタクシー

現在は配車アプリが主流となり、旅行客が流しのタクシーを捕まえるのは難しくなってきました。

曲阜旅行では日本語ガイドを付けるか、ツアーに参加するのがおすすめです。

 

曲阜旅行の準備

曲阜の天気・気候・ベストシーズン

曲阜の年間気温

© WeatherSpark.com より引用

曲阜市では、夏は長く、蒸し暑く、冬は短く、非常に寒く、降雪も多いです。

暑い季節は、5月中旬から 9月中旬まで約 4か月続き、1 日平均の最高気温は 26°C を超えます。最も暑い月は 7月で、平均最高気温は 31°C、最低気温は 24°C です。

寒い季節は、11月下旬から 2月下旬まで約3か月続き、1 日当たりの平均最高気温は 10°C 未満です。 1 年の最も寒い月は 1月で、平均最低気温は -3°C、最高気温は 5°Cです。

曲阜旅行のベストシーズンは9月~10月です♪
案内人の金さん

 

曲阜旅行の持ち物

快適な曲阜旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

曲阜旅行の注意点

曲阜の治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

曲阜旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

中国旅行の基本情報と現地での注意点は、以下の記事にまとめています

 

曲阜の口コミ・レビュー

X(旧Twitter)上での曲阜旅行の口コミやレビューです。

中国でX(旧Twitter)を見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー


X(旧Twitter)社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

曲阜のおすすめツアー

曲阜おすすめツアー第一位

\現地オプショナルツアーならベルトラ/

【上海発・1泊2日ツアー】聖地・泰山と孔子のふるさと曲阜を訪れる!山東省周遊ツアー<日本語ガイド/4つ星ホテル/新幹線利用/食事付>*1名様より出発可

孔子のゆかりの地である曲阜と中国五岳の一つとされる泰山を訪れます♪ 

曲阜おすすめツアー第二位

\現地オプショナルツアーならベルトラ/

【北京発・1泊2日ツアー】聖地・泰山と孔子のふるさと曲阜を訪れる!山東省周遊ツアー<日本語ガイド/4つ星ホテル/新幹線利用/食事付>*1名様より出発可

孔子のゆかりの地である曲阜と中国五岳の一つとされる泰山を訪れます♪ 

 

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

日本最大級の海外オプショナルツアー予約サイト

 

曲阜おすすめ観光地のまとめ

孔子像

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

曲阜おすすめ観光地のまとめ

曲阜は儒教の生みの親「孔子」の故郷として、多くの観光客が訪れます。

孔廟、孔府、孔林の「三孔」は世界遺産にも登録されている最大の見どころ。尼山は孔子の生誕地として、巨大な像が置かれた公園があります。

曲阜の個人旅行は上級者向け。不慣れな方はツアーに参加しましょう。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-山東省