上海の観光

玉仏寺(玉佛禅寺)|上海のおすすめ観光地 入場料・口コミ・グルメ

玉仏寺アイキャッチ

当記事はアフターコロナに対応した上海の観光情報となっています。

正式名称は玉佛禅寺ですが、現地の人は玉佛寺(ユゥフォゥスー)というのが一般的です。

は仏の中国語なので、この記事の文章中では「玉仏寺」と記載します。

玉仏寺は上海四大寺院の一つで、ミャンマーから持ち込まれた二体の玉仏が見どころです。

一般的なツアーコースで回ることは少ないですが、黄色基調の建物や外壁は独特な雰囲気があり、地元の人の参拝の様子など、玉仏寺ならではの光景を楽しめます。

この記事では上海在住20年以上、旅行会社経営の筆者が玉仏寺の行き方、楽しみ方、おすすめツアーなどをご案内します。

この記事はこんな人におすすめ

上海旅行の前に玉仏寺とはどんなところか知りたい!

玉仏寺の見どころと楽しみ方を教えてほしい!

玉仏寺はツアーに参加しなくても回れる?おすすめツアーも知りたい!

玉仏寺のみんなの口コミ・レビューを見てみたい!

では、見ていきましょう。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)とはどんなところ?概要

玉仏寺(玉佛禅寺)・境内

玉仏寺は清の時代に創建された比較的新しいお寺。

当時、普陀山慧根(えこん)という僧侶がチベットを経て、ミャンマーへ旅しました。

ミャンマーで大小五体の玉仏を発掘した慧根は、普陀山への帰路に立ちよった上海で、二体の玉仏を残しました。その二体の玉仏を納めるために建てられたのが玉仏寺です。

普陀山は上海の東側に浮かぶ舟山諸島にある中国四大仏教名山のひとつ。

元々は虹口の江湾地区という場所にありましたが、辛亥革命で戦火で現在の普陀区に移されました。

 

静安寺・龍華寺・法蔵寺と並ぶ上海四大寺院の一つに数えられます♪
案内人の金さん

静安寺と同じく上海の街中にありますが、境内は静かで、落ち着いた色彩が心を安かにするお寺です。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)の見どころ

玉仏寺(玉佛禅寺)・引用地図
玉仏寺の公式ページ(http://www.yufotemple.com/cfzn.html)の地図を事前に見ておくのがおすすめです。

南にある天王殿から入場し、観音殿を抜けると本殿が見えてきます。

玉仏寺(玉佛禅寺)・大雄宝殿②

大雄宝殿は本殿のこと。

ここには本尊の三尊仏が祀られており、その両脇には10体ずつ仏像が並んでいます。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・文殊殿

本殿の東側には文殊殿。赤茶色の木造作りで、明清朝の建築様式を模しています。

殿内には、釈迦如来の左側に仕えるという文殊菩薩が祀られています。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・普賢殿

本殿の西側。文殊殿の対面には普賢殿

文殊菩薩とともに釈迦如来の両脇に仕える普賢菩薩が祀られています。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・臥佛殿

臥佛殿。こちらに2体の臥像が祀られており、小さい臥像が慧根(えこん)がミャンマーから持ち帰ったと言われる玉仏です。

大雄宝殿の東側の通路から通じています。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・参拝する人

境内の北側では地元の方たちがお焼香をしながら参拝しています。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・素面

境内の西側、「素斋部」では精進料理のラーメン「素面」が食べれます。

素面とは精進料理のラーメンのことで、お肉は使われていません。

取材時は「招牌双菇面」(キノコ面)と、「什锦罗汉面」(きくらげや根菜の面)の2種類のみ。

どちらも25元でした。わざわざ、面だけを食べに来る人もいました。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)・ロゴ
上の写真、灯篭に刻まれた仏様は見えますか?

境内には仏像(玉仏寺のロゴ )がところどころに隠れています。是非見つけてみて下さい。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)の料金・入場料・営業時間

玉仏寺(玉佛禅寺)・参拝する人

入場料 20元
営業時間 8:00-16:30

 

玉仏寺(玉佛禅寺)の場所・行き方・アクセス

住所 上海市安远路170号

地下鉄13号線「江宁路」駅、3号出口から徒歩5分です。

中国のネット規制でもGoogleが使える!「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

 

玉仏寺(玉佛禅寺)のおすすめツアー

玉仏寺(玉佛禅寺)・狛犬

玉仏寺(玉佛禅寺)は地下鉄駅のすぐ近くにあるので、個人でも迷うことなく行くことができます。

ただ現地の事情に通じた日本語ガイドを付けるのもおすすめです。ガイドさんとの交流は旅行の楽しさが倍増します!

<JTB>

プライベートチャーター日本語ガイド【4時間】充実した上海旅行をサポート☆

半日!プライベートガイドなので行きたいところだけ行ける

<JTB>

プライベートチャーター日本語ガイド【8時間】充実した上海旅行をサポート☆

プライベートガイドなので行きたいところだけ行ける

 

上海のガイドは皆さん優秀です。旅行以外に中国の経済やトレンドなどいろいろお話ししてみましょう♪
案内人の金さん

 

玉仏寺(玉佛禅寺)の口コミ・レビュー

Twitter上での玉仏寺の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー

Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

まとめ

玉仏寺(玉佛禅寺)・境内の風景

いかがでしたか?この記事のまとめとなります。

玉仏寺のまとめ

玉仏寺はミャンマーから持ち帰った二体の玉仏が祀られたお寺。

上海四大寺院に数えられ、市内にありながら静かで、落ち着いた環境。

地下鉄13号線「江宁路」駅から徒歩5分。

この記事は以上です。ありがとうございました。

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-上海の観光