中国旅行の準備

上海旅行の注意点|気になる15のこと。ビザ・時差・チップなど

 

いよいよ待ちに待った上海旅行!

楽しみだけど、それ以上に「初めての上海旅行で不安…」という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、上海在住20年・旅行会社経営の筆者が、『上海旅行行前に気になること15のこと』に回答をしていきたいと思います。

是非、上海旅行計画の参考にしてください。

 

①中国への入国にはビザが必要?

中国への入国にはビザが必要?

滞在15日以内ならビザ不要です。それ以上の滞在の場合はビザが必要。

また入国時パスポートの残存有効期限は6カ月以上が推奨なので期限が迫っている場合は早めに更新しましょう。

 

2020年.3月(現在) 新型コロナの影響で入国が制限され旅行での渡航はできません。

 

②日本からどのくらいの時間がかかる?

日本からどのくらいの時間がかかる?

東京からは約3時間半、大阪からは2時間半、福岡からは約1時間です。

その他地方発着便があります。

上海には浦東空港虹橋空港という2つの空港があります。

浦東空港から市内へはタクシーで1時間。虹橋空港からは30分くらいです。

2020年.3月(現在) 新型コロナの影響で成田(週4便)・関空(週1便)のみとなっています。

 

③日本との時差はどのくらい?

日本との時差はどのくらい?

日本とマイナス1時間の時差があります。

日本が正午(12時)のとき、上海は午前11時です。

中国は広いですが北京が基準になり、全国同じ時間軸です。サマータイムはありません。

そのため中国の西の方へ行くと、夕方なのに昼間のように明るいといった現象が起きます。

 

④中国語が分からないけど大丈夫?

中国語が分からないけど大丈夫?

ほとんどのホテルや、ショッピングモールなどに入ってるレストランでは英語が通じます。

地下鉄やバスでは英語の案内が流れまし、地下鉄はアナウンスを分からなくても乗り方さえ分かれば旅行者にとって、非常に便利な交通手段です。

(バスは上級者向けです)

タクシーの運転手は英語が通じる方は少ないですが、目的地を漢字で書けば大丈夫です。

ご存知の通り、中国は漢字文化なので日本語の漢字を並べて筆談すれば通じることがほとんど。間違った文法でも意味を理解して話を聞いてくれます。

逆に街中で日本語で声をかけてくる人はぼったくりというケースが多いので気を付けてください。

 

⑤ベストシーズンはいつ?

豫園商城内③3月~5月、10月~11月がおすすめ。

3月~5月は春の季節で穏やかな天気が続きます。

10月~11月は涼しく上海蟹の季節なので一番のおすすめの時期です。

 

春節(1月下旬~2月中旬)、国慶節(10月1日)付近は、中国から日本への観光客需要でチケットが高額で観光地は人であふれているので注意が必要です。

 

⑥何泊すれば楽しめる?

新天地を歩く人たち

3泊4日がベストです。

上海市内は見どころが集中していて、1日~1日半あれば十分回れます。

残りの1日は蘇州や杭州の近郊都市や、朱家角や周荘といった水郷の街へ足を延ばしてみてください。

飛行機の時間によっては2泊3日でも急ぎ足になりますが楽しめます。

 

⑦通貨とレート、現金は使えるの?

通貨とレート、現金は使えるの?

通貨は人民元。1円=約16元です(2020年3月)。最高紙幣は100元。

※最近のレートはYahooファイナンスで簡単に調べられます。(外部サイト)

以前は偽札が多く出回ってましたが現在は電子決済の普及で偽札も少なくなりました。

上海は電子決済だけで、現金がつかえないの?という不安の声を聞きますが、現金もちゃんと使えます。

 

お釣りの準備ができていないお店も多いので、小銭は用意しましょう
案内人の金さん

 

クレジットカードも携帯を使ったウォレット決済が多いのでカード自体だと使えないお店もでてきました。

 

⑧両替はできる?

銀行、ホテル、空港での両替所で両替ができます。

空港は手数料が別途かかるので、できればホテルでしましょう。

アパートメント式ホテルだと両替業務をしていないホテルも多いので事前に確認しましょう。

日本国内でも両替ができるので事前に準備していくのもおすすめです。

 

⑨監視社会らしいけど大丈夫?

上海は街の至る所に監視カメラがありますが、交通違反を取り締まっているのがほとんどです。

横断歩道、特に外灘淮海路ホァイハイルーなどの繁華街での信号無視などしないようにしましょう。

交通ルールを守っていれば全く問題ありません。

もちろん政治の話は避けましょう。これは監視社会というよりも、日本でも政治的な話で熱くなる方がいるように中国でも熱くなる方がいるので、そういった摩擦を避けるためです。

 

⑩治安は大丈夫?

上海とその周辺の都市の治安は良いです。

夜中まで営業しているお店やコンビニも多く、夜でも明るいです。

監視カメラも多いのが逆に犯罪防止になっています。

ただスリや万引きには気を付けましょう。貴重品はホテルの金庫に保管して、リュックサックは体の前に掛けましょう。

携帯電話も無造作にポケットに入れず、チェーンなどを付けましょう。④にもあるとおり、日本語で話しかけてくる人物には十分注意しましょう。

 

⑪チップは必要?

ホテルや高級レストランはサービス料として含まれているのでチップは不要。

もちろん好意で払ってもかまいません。

 

⑫トイレ事情は?

上海のトイレ2010年の上海万博以降、格別に清潔になりましたが、できればホテル、レストラン、デパートで利用しましょう。

トイレットペーパーが備え付けられていないところもあるので、携帯しましょう。

紙は流さず備え受けのごみ箱に流しましょう。(直接流しても大丈夫な場所も多くなってきました)

 

⑬ホテルやレストランは禁煙?

ホテルやレストランは禁煙?

2017年3月、「上海市公共場所喫煙規制条例」が施行されました。

空港、駅、ホテル(客室も含む)、レストランなどの屋内施設はすべて禁煙です。

罰金の対象になるので、喫煙は屋外や決められた場所でしましょう。また歩きタバコはトラブルの原因です。絶対にやめましょう。

 

個人の罰金最高額は200元(約3,200円)です。発覚した場合、ホテルやレストランの罰金はもっと大きいので迷惑かけないよう注意しましょう~
案内人の金さん

 

⑭電源と電圧は?

中国の電圧は220V、周波数は50㎐。

日本の電化製品を使う場合は変圧器と変換アダプターが必要ですが、パソコンなど精密機器の場合は240Vまで対応可能なものが多くなってるので説明書で確認しましょう。

USBケーブルを使った充電は直接挿しても大丈夫です。

プラグは2つの穴型(日本と同じ)と3つの穴型があります。 併用して設置されているので態々変換プラグを買う必要はありません。

 

⑮インターネットは?

上海旅行にレンタルWi-Fiは必須です。

喫茶店やレストランでも無料のWi-Fiが使えるお店は多いですが、中国の携帯番号による認証が必要なこともあり、旅行者には使いずらいです。

またネット規制が厳しく、 Google、Facebook、Amazon、twitter、Line などが使えません。

 

チャイナデータ|中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

この記事のまとめを表にしました。

ビザは必要? 15日以内の旅行はビザ不要。パスポート残存有効期限は6か月以上推奨。
日本からの所要時間は? 東京から約3時間半、大阪から2時間半、福岡から約1時間
日本との時差 日本とマイナス1時間の時差
中国語は分からなくても大丈夫? ホテルでは英語が通じます。筆談でもOK!
ベストシーズンはいつ? 3月~5月10月~11月がおすすめ!
何泊あれば楽しめる? 3泊4日がおすすめ。飛行機の時間帯次第では2泊3日も
通貨とレート 通貨は人民元。電子決済が一般的ですが現金も使用可能。
両替はできるの? 空港、ホテルなどで。空港は手数料がかかります。
監視社会と言われてるけど…? 旅行では全く問題なし。交通ルールは守りましょう。
治安は大丈夫? 上海はかなり治安は良いです。貴重品はしっかり管理。
チップは必要? チップは不要。
トイレ事情は? レストラン・デパートのトイレは清潔。紙は持ち歩きましょう。
ホテルやレストランは禁煙? 屋内施設はすべて禁煙。
電源と電圧は? 中国の電圧は220V、周波数は50㎐。中国でも使える電化製品を。
インターネットは? レンタルWi-Fiを借りましょう。おすすめはデータチャイナ

旅行直前は色々と不安になると思いますが、現地の情報をしっかり把握することで安心できると思います。

コロナが開けたら是非上海に遊びに来てください。

この記事は以上です。ありがとうございました。

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-中国旅行の準備