天津市

天津旅行|おすすめ観光地8選。注意点・行き方・地下鉄・ツアー

天津旅行|おすすめ観光地

当記事はアフターコロナに対応した天津の観光情報となっています。

中国のおすすめ観光都市の一つ天津

中国に4つある直轄市のひとつで、ヨーロッパ風の建物が今も残る美しい港町は多くの観光客が訪れます。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者が天津の観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

天津はどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

天津のおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

天津のみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

天津とは?どんな場所?天津の歴史

天津の町並み

天津(てんしん)は華北地方にある中国直轄市の1つ。北京の南東約100キロに位置します。

直轄都市は中国政府が直接管理する都市で、天津市の他に、北京市上海市重慶市の全部で4つがあります。

天津という名前が歴史に現れたのは1400年初頭の明の時代。京杭大運河の合流地点だったことから南方遠征の拠点となり、「皇帝が通る渡し場」という意味で天津と名付けられました。

清代の第2次アヘン戦争での敗北により、1860年、天津はイギリス、フランス連合軍に占領され、英、仏の他、米、独、露、日本などの数か国が天津に租界をおきました。

そのため、現在もヨーロッパ風の歴史的な建造物が残る美しい港町として人気があります。

見どころは、「天津之眼摩天輪(天津アイ)」。橋の上にある大観覧車で、2009年4月に一般開放され早くも天津のシンボル的存在となっています。

郊外にも年画で有名な「楊柳青小鎮」や、明代に強固に修復された長城の「黄崖関長城」など見どころ満載。

天津の食は、麻花(ねじり揚げのかりんとう)、炸糕(揚げ饅頭)、狗不理包子(肉まん)の「天津三大食品」が有名。

狗不理包子の直訳は「犬も相手にしない肉まん」になりますが、本当の由来は違うんです♪
案内人の金さん

実際は、高貴友(幼名=狗子)の作った包子がとても美味しく、「狗子が包子売りに精を出し、それ以外のことに一切構わない(不理)」と言われたのが名前の由来です。

 

天津のおすすめ観光地・見どころスポット

1.天津之眼摩天輪(天津アイ)

天津之眼摩天輪(天津アイ)

天津之眼摩天輪(天津アイ)は、天津市河北区の永楽橋の上に建てられた大観覧車。

世界初の河に架かる観覧車として、2009年4月に一般開放されました。

観覧車の運行時間は約30分、最高地点は約120m。川の両岸を眺めることができ、特に夜はライトアップされた天津の街がロマンチックです。

🎡天津之眼摩天輪
住所 天津市河北区三岔河口永楽橋上
入場料 大人 70元
子供 35元
営業時間 月曜   18:00-22:30
火~日曜 09:30-22:30

 

2.五大道

五大道風情区

五大道は、天津市の中心にあるストリート。

この地域の5つの主要道路にちなんで名づけられましたが、実際には20以上の通りがあります。

かつてイギリスの租界地だったため、異国情緒あふれる建物が並んでいます。

🏙️五大道
住所 天津市和平区成都道以南
🚇1/3号線「営口路」駅 B3口310m
入場料 無料
営業時間 年中無休
※店舗ごとの営業時間

 

3.西開天主教堂

西開教堂

西開天主教堂は、賑やかな濱江路商店街の南端にある聖堂です。

元々は聖味増爵堂として1913年に建てられ、後に当時の地名の老西開にちなんで西開教堂とも呼ばれうりようになりました。天津市で最大のロマネスク様式聖堂です。

外観は赤と黄色のレンガでできており、ギザギザな緑色の3つの塔が特徴的。内部には精巧なステンドガラスもあり、荘厳な雰囲気に満ちています。

カトリック天津教区の司教座聖堂でもあるこの教堂は、ミサやカトリックの祭典時には一般に公開されることもあります。

⛪西開天主教堂
住所 天津市和平区西寧道9号
🚇1/3号線 「営口路」駅 B1口330m
入場料 無料
営業時間 8:30-16:00

 

4.天津古文化街

天津古代文化街

天津古文化街は、天津の古い街並みを再現したストリート。

天津の特産品や美術工芸品などのお店が並び、お土産を選べます。

また中国の軽食(シャオチー)のお店もあるので、食べ歩きをしながら散策しましょう。

🏙️天津古代文化街
住所 天津市南開区,南門在水閣大街与古文化街交口
🚇2号線「東南角」駅 D口990m
入場料 無料
営業時間 09:00-20:30
※店舗ごとの営業時間

 

5.天后宮

天后宮

天后宮は、天津古代文化街にある海の女神である媽祖を祀っている寺院。

地元の人からは「娘娘宮」と呼ばれています。

天后宮は、楼閣、山門、塔、前殿、本殿、鐘鼓楼などからなり、天津で最も古く現存する建築群です。

天津市立民俗博物館が併設されており、天津の民俗・風習などが展示されています。

毎年旧暦の3月23日、媽祖の誕生を祝い、龍灯舞、獅子舞、少林舞などが上演され、お祭りのように賑やかになります。

🏛天后宮
住所 天津市南開区古文化街80号
🚇2号線「東南角」駅  D口980m
入場料 10元
営業時間 火~日曜 9:00-17:00
※入場は16:30迄、月曜休館

 

6.瓷房子

瓷房子

瓷房子は、和平区にある陶磁器で覆われた建物。通称チャイナハウス。

元々は、1920年代後半に建てられた5階建ての洋館でしたが、2000年になって個人が買取り、家主の趣味で陶磁器を貼り付けるようになりました。

奇抜な建物は、初めは景観を損ねると物議をかもしていましたが、現在はフォトジェニックスポットとして、天津の観光名所となっています。

建物全体は5階建てで、1階から4階までが見学可能。外壁、内壁、屋根、窓、ドア、オブジェなどあらゆるものに陶器が貼り付けてあり、その奇抜さに驚きの連続です。

🏛瓷房子
住所 天津市和平区赤峰道72号(近和平路商業街)
🚇3号線「和平路」駅  D口400m
入場料 50元
営業時間 09:00-18:30

 

7.楊柳青小鎮

楊柳青小鎮

楊柳青小鎮は、天津の西郊外にある古い街並み。

明の時代に、京杭大運河が開通し、楊柳青は南から北京へ穀物を運ぶ水路の中継地として栄えました。

楊柳青には劇場、塔、楼閣、寺院などがあり、特に有名なのが「華北第一の家」と呼ばれる史家の屋敷です。清代の趣のある街並みや家屋、古代の運河などを散策できます。

南方からは南の紙や水彩絵の具も運ばれたため、職人が集まり年画作りが盛んとなり、「楊柳青年画」が有名となりました。

年画(ねんが)とは、春節やお祝い事のときに民家内部や門口に飾られる版画です♪
案内人の金さん
🏛楊柳青小鎮
住所 天津市西青区楊柳青镇
入場料 25元
営業時間  09:00-16:00

 

8.黄崖関長城

黄崖関長城

黄崖関長城は、天津市の北側へ30キロ薊県に位置する長城。

元々は関所として、556年に建設が開始され、明代の名将の「戚継光」が薊州城(けいしゅうじょう)を守るためより強固に修築され今の姿になりました。

黄崖関の東側にある急峻な崖の褐色の岩は、夕日が当たると黄金に輝くことから「黄崖関」と名付けられました。

長城の中心部には「八卦城」があります。

周囲は城壁に囲まれ、戚継光像、長寿園、八卦迷宮、毛沢東詩詞墨跡碑林などを見ることができます。

馬に乗って長城へ上ることもできます♪
案内人の金さん
🏛黄崖関長城
住所 天津市薊県下营鎮黄崖関村
入場料 85元
営業時間  08:00-17:00

 

天津への行き方・アクセス

日本(成田)から天津へは飛行機の直行便で約4時間です。

北京から高速鉄道で30分ほどで行けます。天津の街自体は1日~2日で見どころを回れるので、北京旅行と一緒にプランを組むのがベストです。

2022年現在、コロナのため飛行機の数は規制されています。

 

天津での移動・交通手段

天津の地下鉄
個人旅行の場合、天津での移動はタクシーと地下鉄がメインとなります。

天津のタクシー

現在は配車アプリが主流となり、旅行客が流しのタクシーを捕まえるのは難しくなってきました。

できるだけ地下鉄で回れる観光プランか、日本語ガイドを付けるのがおすすめです。

天津の地下鉄・路線図

2022年現在、天津には7路線の地下鉄が開通しています。

路線図は以下からダウンロードしましょう。

天津地下鉄路線図

天津地下鉄公式ページから引用

天津旅行の準備

天津の天気・気候・ベストシーズン

天津の年間気温

天津市の気候は、夏は長く、蒸し暑く、冬は凍えそうに寒く、降雪が多いですが晴れの日が多いです。

暑い季節は、5月初旬から 9月下旬まで 約4か月続き、1 日平均の最高気温は 25°C を超えます。 最も暑い月は 7月で、平均最高気温は31°C、最低気温は23°C です。

寒い季節は、11月下旬から 2月下旬まで約3か月 続き、1 日当たりの平均最高気温は 7°C 未満です。最も寒い月は 1月で、平均最低気温は -8°C、最高気温は 2°C です。

天津旅行のベストシーズンは4月~5月9月~10月です♪
案内人の金さん

 

天津旅行の持ち物

快適な天津旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

天津旅行の注意点

天津の治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

天津旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

 

天津の口コミ・レビュー

Twitter上での天津旅行の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー


Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

天津のおすすめツアー

作成中

 

天津おすすめ観光地のまとめ

媽祖像

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

天津おすすめ観光地のまとめ

天津はヨーロッパ風の建築物が残る美しい港町。

天津の見どころは2009年に一般開放された大観覧車「天津之眼摩天輪(天津アイ)」。天津三大食品を食べながら美しい街並みを歩きましょう。

天津は北京から高速鉄道で約30分ほど。北京旅行と一緒に回るのがおすすめ。地下鉄もあるので個人旅行も安心です。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-天津市