成都

成都旅行|おすすめ観光地10選。注意点・行き方・地下鉄・ツアー

成都アイキャッチ

当記事はアフターコロナに対応した成都の観光情報となっています。

「天府の国」として知られる四川料理の都、成都

三国志の劉備や諸葛亮ゆかりの地で、三国志ファンは一度は訪れたい場所。

中国の国宝パンダの生息地でもあり、市内を少し離れると豊かな大自然があふれています。迫力満点の峨眉山楽山大仏は一生の思い出に残ること間違いなし。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者が成都の観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

成都はどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

成都のおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

成都のみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

成都について

成都の街中

成都は、中国西南部に位置する四川省の省都。人口約2100万人の巨大都市です。

成都平原に位置し、周囲を急峻な山岳地帯に囲まれており、その豊かな自然と温暖な気候から「天府の国」として古来より称えられています。

三国志の時代に蜀の都となった都市で、諸葛亮を祀った武侯祠など三国志の聖地として多くの観光客が訪れます。

楽山九寨溝などへ向かう観光拠点としても使われており、かつては成都からバスで数十時間かけてチベットへ行けた時代もありました。

最近は、中国の内陸都市の新興デザイナーブランドが人気で、成都の若者のファッションはSNSでも注目をあつめています。

寛窄巷子錦里古街などのストリートでは若者文化に触れることができます♪
案内人の金さん

そして四川省といえばパンダ!世界最大のパンダパーク「成都パンダ繁育研究基地」で癒されましょう。もちろん街の至る所でパンダ推し。街中でパンダのオブジェを見つけるのも成都旅行の楽しみの一つ。

 

成都旅行の準備

成都の天気・気候・ベストシーズン

成都の気温

© WeatherSpark.com より引用

成都の夏は蒸し暑く、曇りの日が多いです。冬は寒く、乾燥してますが晴れの日が続きます。

全体として過ごしやすい天気になっています。

成都旅行のベストシーズンは3月~6月9月~11月です♪
案内人の金さん

成都旅行の持ち物

快適な成都旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

成都旅行の注意点

成都の治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

成都旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

 

成都への行き方・アクセス


日本(成田)から成都へは飛行機の直行便で約5時間30分

2022年現在、コロナのため飛行機の数は規制されています。

 

成都での移動

個人旅行の場合、成都での移動はタクシーと地下鉄がメインとなります。

成都のタクシー

現在は配車アプリが主流となり、旅行客が流しのタクシーを捕まえるのは難しくなってきました。

できるだけ地下鉄で回れる観光プランか、日本語ガイドを付けるのがおすすめです。

 

成都の地下鉄・路線図

成都地下鉄

2022年現在、成都には15路線の地下鉄が開通しています。

路線図は以下からダウンロードしましょう。

 

成都のおすすめ観光地・レストラン

1.武候祠博物館

武候祠博物館

武候祠博物館は三国志の天才丞相・諸葛亮光明を祀った武候祠を中心とした博物館。

見どころは武候祠、劉備玄徳の陵墓「漢昭烈廟」、関羽などの英傑たちの銅像、孔明の「前出師表」が刻まれた石板など。


緑が豊かな敷地に、竹林が茂り立つ真っ赤な壁の小道や、三国時代の街を模したような大衆食堂通りなど、展示物以外も楽しめます。

博物館の入り口には大きく「三国志の聖地」と書かれた石碑が。三国志ファン必見の場所です♪
案内人の金さん

 

🏛武候祠博物館
住所 成都市武候区武候祠大街231号
🚇3/5号線:「高昇橋」駅 D口1.1キロ
入場料 大人 50元、子供(6才~18才) 25元
営業時間 09:00~18:00 (入場17:00迄)
関連リンク 武候祠公式ページ

 

2.杜甫草堂博物館

杜甫草堂博物館

杜甫草堂博物館は詩聖「杜甫」を記念するための博物館。

杜甫が4年間暮らし草堂があった場所で、ここで240あまりの詩を詠みました。現存の建物は明や清の時代に再建されたもの。

メインの杜甫草堂は杜甫が住んだ唐代の民家が発掘されたエリアで、遺跡を基に当時の家屋を再現しています。杜甫の詩や書籍資料の展示や、塑像が置かれたりしてます。

博物館というよりは広大な庭園。整備された木々に小川や池、美しい回廊など杜甫の住んでいた時代を彷彿させるつくりになっています。

成都の街中にありながら喧騒を忘れることができ、成都人に愛される憩いの場です♪
案内人の金さん
🏛杜甫草堂博物館
住所 成都市青羊区青華路37号
入場料 大人 50元、学生 25元
営業時間 09:00~18:00 (入場17:00迄)

 

3.寛窄巷子

寛窄巷子

寛窄巷子(かんさくこうし)は成都の歩行街として、地元の若者に人気のスポット。

清の時代に北方から派遣された兵士によりつくられた街で、北方建築の四合院づくりの家屋は一部現存しており、リノベーションされレストランやショップとなって営業しています。

巷子は横丁の意味で、寛巷子、窄巷子、井巷子の3つの道が並行して並んでいます。寛巷子、窄巷子が人通りが多く、井巷子は裏道的な感じで人も少なくゆっくり回れます。

夜は店先がライトアップされ、とても幻想的。観光の合間の食事や買い物にぴったりの場所です♪
案内人の金さん
 🏘️寛窄巷子
住所 成都市青羊区長順上街127号
🚇4号線:「寛窄巷子」駅 B口310ⅿ
入場料 -
営業時間 店舗ごとに営業時間あり
関連リンク 寛窄巷子公式ページ

 

4.錦里古街

錦里古街

秦、漢、三国時代から成都の商業地区として栄えていた錦里

武候祠博物館に隣接するエリアに「錦里古街」として再整備され、レストランやショップを楽しめる観光ストリートになってます。

錦里の楽しみ方は何と言ってもシャオチー(軽食)の食べ歩き。

三国志の猛将をイメージした「張飛牛肉」、四川風ワンタンの「抄手」、ゼリー状の冰粉と氷に黒糖をかけた涼しげなデザート「冰粉」などなど、おすすめシャオチーはつきません。

寛窄巷子と同じく夜のライトアップが美しいです。武候祠博物館の散策とセットで楽しみましょう♪
案内人の金さん
 🏘️錦里古街
住所 成都市武候区南門武候祠大街
🚇3/5号線:「高昇橋」駅 D口1.1キロ
入場料 -
営業時間 09:00~22:00
関連リンク 寛窄巷子公式ページ

 

5.成都春熙路歩行街

成都春熙路歩行街

成都春熙路歩行街は、昼に限らず夜も多くの人で賑わっている人気の歩行者天国。

成都一の繁華街。デパート、ブランドショップ、レストラン、カフェなどなんでもあります。

旅行中、食事や買い物に困ったら、ここに来れば大体が揃います。

イトーヨーカ堂(伊藤洋華堂)もあります。「はま寿司」など日本料理店も豊富なので、日本食に恋しくなったら訪れましょう♪
案内人の金さん
 🏘️成都春熙路歩行街
住所 成都市錦江区春熙路
🚇2/3号線:「春熙路」駅 D口360m
入場料 -
営業時間 店舗ごとに営業時間あり

 

6.成都パンダ繁育研究基地(成都大熊猫繁育研究基地)

成都パンダ繁育研究基地

成都パンダ繁育研究基地(成都大熊猫繁育研究基地)は成都の市中心から車で約20分。

パンダは中国で大熊猫といいます♪
案内人の金さん

他の動物園では決して見ることができない数のパンダとレッサーパンダがいます。

園内はとても広いので、園内バス(有料)を利用するのがおすすめ。

全体的に奥へ向かって上り坂になってますので、バスの終点まで行って入り口に向かって歩くのが良いです。

パンダをみるだけでなく、パンダの募金支援に参加できる「成都大熊猫繁殖研究基金会」、パンダの歴史を知ることができる「大熊猫博物館」、デジタル技術を使ってパンダの生態に迫る「熊猫科学探秘館」などの施設があります。

日本語の公式ページもあります。http://www.panda.org.cn/jp/

成都パンダ繁育研究基地

成都パンダ繁育研究基地のマップはこちらから

 

 🐼成都パンダ繁育研究基地
住所 成都市成華区熊猫大道1375号
入場料 大人 55元、子供(7才~18才)27元
営業時間 07:00~18:00 (入場は17:00迄)
関連リンク 成都パンダ繁育研究基地公式ページ

 

7.都江堰

都江堰

都江堰(とこうえん)は成都の郊外に位置し、およそ2,200年前に建設されたといわれている水利施設。

四川盆地を流れる岷江(みんこう)の氾濫に悩んだ秦の王が、李冰(りひょう)と言う役人に水利施設を整備させたのが始まり。ダムとして堰き止めるのではなく、川の流れを分断し、水量を調整することで水害から守りました。

8年の月日をかけて完成した都江堰により、未開の地だった四川省が穀物が豊かに実る「天府の国」へと変貌。秦の始皇帝の統一を支えたと言われています。

その技術の高さから、2000年に近くの青城山とともに世界遺産に指定されています♪
案内人の金さん
🏛都江堰
住所 成都市都江堰市公園路
入場料 大人 80元
営業時間 03/02~11/30 08:00~18:00
12/01~03/01 08:00~17:30
入場は30分前まで

 

8.青城山

青城山

青城山は都江堰の南西にある名山。

森林は四季を通して青々とし、環状に連なる峰々は城郭のように見えるため、「青城山」の名がつきました。

1900年前、道教の開祖・張道陵はこの地で厳しい修行の末に不老長寿の秘法を編み出したと言われ、道教発祥の聖地とされています。

青城山は前山と後山に分けられ、前山は文化財・古跡が多く、建福宮、上清宮、老君閣、朝陽洞、天師洞、祖師殿、などの道教の寺院がみどころ。

後山は大自然の神秘の世界。原始の世界をめぐっているようです。

徒歩で回るのはかなりハード(汗。グリーンバス・人力籠・船・ロープウェイがあるので上手に利用しましょう♪
案内人の金さん
⛰️青城山
住所 成都市都江堰市青城山鎮青城山路
入場料 大人 80元
営業時間 03/02~11/30 08:00~17:30
12/01~03/01 08:00~17:00
入場は30分前まで
関連リンク 青城山公式ページ

 

9.峨眉山

峨眉山

峨眉山は成都市から南に約120kmに位置する、標高3099mの山。

五台山、普陀山、九華山と並ぶ中国国内の四大仏教聖地の一つで、中国三大霊山でもある神聖な場所です。

山内には報国寺や、万年寺など26の寺があります。特に万年寺が有名で、東晋時代の980 年に鋳造された普賢菩薩像が安置されています。

観光のハイライトは山頂の金頂

金頂は雲の上で、巨大な四面十方普賢菩薩像が座しています。天候がよければ、雲海に囲まれた金色の仏像が輝き、ここでしか見ることができない神秘的な光景が広がります。

金頂へはバスやロープウェイを使えば日帰りも可能。

金頂にはホテルもあるので一泊してご来光を見ることができます♪最高の思い出になりますよ~
案内人の金さん
⛰️峨眉山
住所 成都市楽山市峨眉山
入場料 12/15~翌01/15 大人110元、子供55元
01/16~12/14  大人160元、子供80元
営業時間 12/15~翌01/15 07:00~16:00
01/16~12/14  06:00~16:00

 

10.楽山大仏

楽山大仏

楽山大仏の正式名称は「凌雲大仏」。

峨眉山から約40 km離れた岷江と大渡河、青衣江の合流地付近にあります。

河の氾濫を鎮める目的で、713 年に着工が始まったと言われ、約90 年もの歳月をかけて完成しました。

高さは約71m。世界で最も高い石刻大仏です。

仏像の身体には階段があり、間近に見ながら降りていくことができます。川ぞいにあるので、対岸からでないと全貌が見れません。有料ですが舟に乗って対岸から見学することもできます。

1996年に峨眉山とともに、「峨眉山と楽山大仏」の名で世界遺産に登録されています♪
案内人の金さん
🏛楽山大仏
住所 成都市楽山区市中区凌雲路2435号
入場料 大人 80元
営業時間 04/01~10/07  07:30~18:30
10/08~翌03/31 08:00~17:30
関連リンク 楽山大仏公式ページ

 

成都の口コミ・レビュー

Twitter上での成都旅行の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー


Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

成都のおすすめツアー

作成中

 

成都おすすめ観光地のまとめ

成都の軟萌大熊猫

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

成都おすすめ観光地のまとめ

成都は東京から飛行機で約5時間半。中国西南にある都市で、その豊かな自然と過ごしやすい気候は「天府の国」と称えられています。

三国志の蜀の国として知られ、武侯祠や漢昭烈廟など三国志ファンは必見。

豊かな自然を感じる青城山や峨眉山、楽山大仏は迫力満点。パンダ基地では最高の癒しを。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-成都