四川省

黄龍旅行|おすすめ見どころ5選。注意点・行き方・ツアー

黄龍旅行|おすすめ見どころ

当記事はアフターコロナに対応した黄龍の観光情報となっています。

中国のおすすめ観光都市の一つ黄龍

長い年月をかけて作られた世界有数のカルスト地形は、色とりどりの美しい池を見ることができます。同じ四川省にある九寨溝と同じツアーで回ることが多いです。

この記事では中国在住20年以上、旅行会社経営の筆者が黄龍の観光情報をはじめ、おすすめ観光地やツアーなどをご案内します。

この記事はこんな方におすすめ

黄龍はどんなところか、どうやっていくのか?を知りたい方。

黄龍のおすすめ観光地や名物料理を知りたい方。

黄龍のみんなの口コミを聞いてみたい、おすすめツアーを紹介して欲しい方。

では、早速見ていきましょう。

 

黄龍について

黄龍

黄龍(こうりゅう)は四川省のアバ・チベット族チャン族自治州松潘県にある景勝地。

岷山山脈の一部である玉翠山の山頂(標高約5100m)から北に向かって伸びる全長7.5kmの峡谷で、1992年に「黄龍の景観と歴史地域」としてユネスコの世界遺産に認定されています。

世界有数のカルスト地形で、長い年月をかけて作られた溝には山水が入り込み、周囲の景色や日差しの角度で色が変わります。

その美しさは、龍が黄金に輝きながら昇るように見えることから、「黄龍」の名がついたそうです♪
案内人の金さん

黄龍の最大の見どころは標高約3600mの場所にある「五彩池」。

黄龍の観光エリア入口(約3200m)からロープウェイで3500mまで登れます。五彩池を見てから、他の名所を見ながら入口に戻るのがおすすめ。

わずか100キロほどの場所に世界遺産の「九寨溝」があり、同じツアーに組み込まれることがほとんどです。

 

黄龍の地図・おすすめ観光ルート

黄龍の地図

黄龍の地図(クリックで拡大)

黄龍のおすすめ観光ルートは、ロープウェイで標高約3500メートルまで上がり、遊歩道を歩き、約3600メートルにある最大のみどころ「五彩池」を鑑賞します。

その後、入り口に戻りながら「盆景池」「迎賓彩池」などを見て下って行きます。

九寨溝より標高も高く、歩く距離が長いです。体力に自信がない方は下りもロープウェイを使いましょう♪
案内人の金さん

 

黄龍のおすすめ見どころ

1.五彩池

五彩池

五彩池(ごさいち)は黄龍で一番の見どころ。

693もの小池が蓮の花のように並び、「人間瑤池」(人間界の伝説の池)と称えられるほど。

五彩池を囲むようにして歩道があるので、どの角度からも美しい景色を堪能できます♪
案内人の金さん

 

2.黄龍後寺

黄龍後寺

黄龍後寺(こうりゅうこうじ)は五彩池を望むように建つチベット仏教のお寺。

ロープウェイから五彩池に行く途中に、黄龍中寺もありこちらは道教のお寺です。いずれも明代に創建され、二つ合わせて黄龍寺といいます。

五彩池の遊歩道から眺めると、黄龍後寺の頭だけ映り込み絶好の撮影ポイントになります♪
案内人の金さん

3.金沙舗池

金沙舗池

金沙舗池(きんさほち)は黄龍のちょうど中心にいちする渓流。

標高約3280メートルにあり、うろこ状につらなる黄色の岩は、水流によりキラキラと黄金色に輝きます。

黄龍の名前の由来となったと言われるほど美しい名所です。

 

4.盆景池

盆景池

盆景池(ぼんけいち)は、金沙舗池と明鏡倒映池の近くにある彩池群。

棚田状につらなる大小様々な池が100か所ほどあり、池の周りに木々草花が生い茂る様が盆栽のように美しいことから盆景地と名付けられました。

 

5.迎賓彩池

迎賓彩池

迎賓彩池(げいひんさいち)は、黄龍風景区の入口にほど近い標高3199メートルにある集合池。

真っ白な石灰華が長い年月をかけて削られ、大小の棚田のように見える池状のくぼみとなっています。

大小合わせて約350個もあるくぼみに、透明度が高いエメラルドグリーンの水が輝く様子は神秘的な美しさを感じます。

 

黄龍への行き方・アクセス

黄龍には「九寨黄龍空港」がありますが、日本(成田)から黄龍への直行便はありません。

九寨溝の空港は高地にあるため、遅延や欠航が多いです。成都⇔九寨黄龍空港間の国内線の便数が多い成都経由がおすすめ

成都も今中国で大人気の観光地!成都観光も楽しんじゃいましょう♪
案内人の金さん

2022年現在、コロナのため飛行機の数は規制されています。

 

黄龍の入場料・営業時間

五彩池遊歩道

営業時間 09:00-16:00
※冬季はロープウェイは運休
入場料 12/16-05/31 170元
06/01-12/15 60元
ロープウェイ 上り80元/下り40元
関連リンク 黄龍公式ページ

購入時に中国の決済アプリ「アリペイ」が必要となるので海外からの旅行者は不便です。

現地代理店に頼むか、団体ツアーに参加しましょう。

 

黄龍旅行の準備

黄龍の天気・気候・ベストシーズン

黄龍の年間気温

黄龍の年平均気温は2-3度、最も暑い7月の平均気温は10-11℃、最も寒い1月の平均気温はマイナス8-9℃です。防寒具は必須です。

黄龍旅行のベストシーズンは雪解け水の多い7~10月。特に紅葉で山が赤く染まる10月が人気です♪
案内人の金さん

 

黄龍旅行の持ち物

快適な黄龍旅行にするためには事前にしっかり準備が必要です。

以下の記事で中国旅行の必需品とおすすめグッズを紹介しています。

 

黄龍旅行の注意点

黄龍の治安は悪くありません。渡航前に外務省海外安全ページをチェックしましょう。

黄龍旅行に限らず中国では政治的な話は避けたほうがよいです。特に中国トップへの批判は厳禁

運転マナーも都市部では年々向上していますが、もしものときに備えて海外旅行保険は必ず入りましょう。

中国旅行で必須のアリペイ決済にも使える海外旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめです。

\入会金・年会費無料/

エポスカードを今すぐ申し込む

海外旅行に必須カード・旅行保険自動付帯!

 

黄龍の口コミ・レビュー

Twitter上での黄龍旅行の口コミやレビューです。

中国でTwitterを見るには「中国・上海旅行におすすめのレンタルWi-Fi」をご覧ください。

みんなの口コミ・レビュー

Twitter社の規約に基づき転載をしております。転載を望まない方はお手数ですがこちらまでお願いします。

 

黄龍のおすすめツアー

作成中

 

黄龍のおすすめ見どころまとめ

黄龍

いかがでしたか?この記事のまとめは以下です。

黄龍の見どころまとめ

黄龍は玉翠山の山頂から北に向かって伸びる全長7.5kmの美しい渓谷。

黄龍の最大の見どころは標高約3600mの場所にある「五彩池」。ロープウェイを利用しましょう。

黄龍旅行は個人ツアーでいくのは上級者向け。団体ツアーに参加しましょう。

中国旅行のおすすめ観光地はこちら。ランキング形式で案内しています。

この記事は以上です。ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人

ごりへい

上海で現地旅行会社を経営。中国・上海在住約20年。 コロナ前だけでなく、アフターコロナの中国を知る旅行のプロ。有名観光地から穴場まで上海の魅力をたっぷりお届け。 妻は上海人。子供二人は現地の学校に通う。中国の現地生活にどっぷり。

-四川省